第3回 デュッセルドルフ市長から贈られた絵画

※中央の白い部分は、フラッシュ撮影により映ったものです
 1973年3月9日の新校舎(現在は旧校舎と呼ぶ)落成式の場で、デュッセルドルフ市のヴィリー・ベッカー第一市長から伊藤勉初代校長に手渡されたGUPIKH作の油絵です。
 この絵には偶々1973〜74年に取り壊された以前のオーバーカッセラー橋が描かれており、現在の同橋と比較するのに貴重な資料でもあります。
 この絵は新校舎入り口ホールの壁にかけてあります。その寄贈された絵の隣りに、偶然ですがほぼ同じ場所付近を描いた樋口善造画伯からの寄贈絵画があります。

1973年3月9日の新校舎落成式時の写真
なお伊藤初代校長は現在、同窓会の日本側事務局専従者として御尽力下さっています。