本校の紹介
校舎の移り変わり
 本校は1971年4月21日、デュッセルドルフ市オーバーカッセル区教会付属建物カニージウスハウスを仮校舎として、小学部5年生から中学部3年生までの43名で開校しました。

右の写真:カニージウスハウス
(この建物は2005年8月に取り壊されました)
 
 小学部1年生から4年生までの90名は、1972年5月3日、同オーバーカッセル区にあるドン・ボスコ・シューレの校舎を借りて、午後だけの授業でスタートしました。

左の写真:ドン・ボスコ・シューレ
     
 1973年3月9日、現在の地に校舎を建設し、小学部・中学部が一つの校舎で学び始めました。1974年5月の児童・生徒数は324名でしたが、1982年5月には783名を数えました。
 そこで1983年8月、児童・生徒数増加に伴い、中学部6学級175名がランカーとおりにあるドイツ人学校を借用し、授業を始めました。

右の写真:ランカー校舎
 1987年5月には児童・生徒数が900名を超え、1992年には998名となりました。
 1993年5月25日、待望の新校舎が完成し、旧校舎と合わせて25教室、1000名の児童・生徒が学べる体制が整いました。しかし、児童・生徒数は年々減少傾向にありました。
 2001年7月に中学部が愛着をもったレンガ造りのランカー校
舎を引き上げ、これまで小学部だけだった校舎に再び小学部・中学部の児童・生徒が一緒に通うようになり、朝、同じ校門をくぐり、挨拶を交わす姿や、小学部の縦割り活動、中学部が指導する運動会や学校祭は、本校の生き生きとした雰囲気の基となっています。
子どもたちの生活の様子
 子どもたちにとって、ここデュッセルドルフは大変生活がしやすい街です。登下校は子どもたちの6割が徒歩、3割が電車かバス利用、残り1割が自家用車で通学しています。通学時間も30分いないが97%で、ほとんどの子どもたちが学校の近くに住んでいます。住居環境にもゆとりがあり、芝だけの公園や原っぱが随所にあったり、鬼ごっこやサッカー。ドッジボールなどで楽しく遊んだりしている姿を見かけます。
 また、子どもたちが興味・関心・意欲さえあれば、自分の力を伸ばすことができるスポーツクラブや、音楽学校、バレエ教室など様々な施設があります。
本校の子どもたちも放課後を利用して、現地の子どもたちに混じって通っています。また、地域のスポーツクラブに所属して、サッカーを楽しんでいる子どもたちもたくさんいます。
 日本の情報も瞬時に入手することもできますが、ドイツ社会全体が大人の雰囲気があるせいでしょうか、あまり流行に左右されることなく落ち着いた雰囲気の中で生活をしています。家庭と学校の役割について責任が明確になっている当地の風土の上に本校はありますので、学校生活と、家庭を含めた校外での生活についての役割・責任がはっきりしています。
当校の現地校からの評判
 本校はインターナショナルスクールや現地校ではできない教育活動を提供しています。現地校の先生方と本校の授業参観や教育制度・教育内容などについて意見を交換する機会がたびたびありました。その時の感想として、「教師と子どもたちが醸し出している学習の雰囲気が、非常に真剣で明るさがあり、信頼・尊敬に満ちている。また子どもたちが、教師や発表している友だちの考えをしっかり聞いて、自分の考えも言っている。考えをより広げ、より練り上げていこうとする姿勢がある。日本の教育は画一的・教師主導型と考えていたが、全くそんな風には感じられない、私たちの学校にも取り入れたい」という言葉を耳にします。この言葉に恥じることがない教育を行ってまいります。